Sorry!This Contents is Japanese Only!


バックナンバー2011



(気象庁)

   
 


JA福岡県青協
委員長


久保田  誠二
 


JA福岡県青協ホームページへのアクセスありがとうございます。

平成22年度に引き続き、福岡県青協委員長を仰せつかりました久保田です。

東日本大震災にて被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。被災地においては、未だに余震が続き安心して生活ができない状況が続いている中、今後の復興に向け、長期的な支援が必要とされています。県青協として、盟友が心を一つにして、一日も早い復興のため、ともにがんばっていきたいと考えています。
22年度においては、口蹄疫と鳥インフルエンザで、九青協の行事が中止となることもありました。また、突如TPPへの参加検討を政府が表明したことにより、農業の崩壊を招くような危機的な状況となっております。

TPP交渉は、関税以外にも、金融、保険、医療、政府調達などが交渉対象となっていることから、国民生活に関わる重要な仕組みや基準が根本的に変わりかねません。また、東日本大震災も国のかたちを変える大きな災害です。食の安全保障の観点から考えても、農産物の国内生産を最優先すべきです。
我々JA青年部は農業者だけではなく、国民生活にも影響を与える、TPP参加阻止運動を展開することで、農業に対する国民理解を促進し、「食」の価値を高めていきます。

今、県内の各組織において各単組で「ポリシーブック」の作成をお願いしています。その中で、それぞれの地域の問題点を集約し、JA、県に対し要請活動を行うことで意見反映を行うとともに、これからの地域農業のリーダー育成に努めていただきたいと思います。

今後とも、福岡県青協ホームページ・ブログを通して、県青協活動の情報を掲載し、国民へのアピールと組織活性化につなげていきたいと思います。

Copyright©2001 福岡県農協青年部協議会 Allright Reserved.