Sorry!This Contents is Japanese Only!



(2007バックナンバー)

 



全国農協青年組織協議会

JA福岡中央会




(気象庁)



平成19年度県青協のウェブサイトのバックナンバー 

福岡県青協委員長


倉富 信隆

 


   JA福岡県青協のホームページへのアクセスありがとうございます。
 18年度に引き続き、平成19年度も福岡県青協委員長を仰せつかることとなりました倉富です。栄えある福岡県青協委員長二年目を迎え、計り知れないプレッシャーを感じつつ、一方で、自らを奮い立たせるための使命感に駆られ、ポジティブに物事をとらえ、アクティブに行動が出来るよう気持ちを切り替えたところです。
 さて、19年度より、戦後最大の農政転換とも言うべき品目横断的経営安定他作や新たな米政策改革などが本格的にスタートすることから、生産現場で円滑な移行が出来るよう十分な検証を行い、我々担い手である青年部から積極的な情報発信が必要です。また、中断していたWTO農業交渉に動きが出始め、先に決着した米韓EPAなどの動きから、日豪EPAの交渉が開始され、また、日米EPAの話題が経済諮問会議の場で取り上げられるなど、今後の国際動向に注視していかなければなりません。
 また、21世紀を担う子供達に、健全な食・環境を引き継ぐために、我々青年部が積極的に問題意識を共有し、それぞれの立場において出来ることから始めなければなりません。「食農教育」と言っても、一言では語り尽くせない奥が深い物だと思います。今年度は、10月第3週の土日を『仮称:食農教育実践の日』と題して、全青協に先駆け九青協として「食農教育」を同時実践行動としたいと思って計画中です。初年度、どこまでの規模で行えるかはわかりませんが、九青協の一員として、単組に御協力をお願いしたいと思います。
 また、昨年より、「ホームページ運営委員会」を設置し、サイトの管理に専念していただき、今まで以上にサイトの充実を図っていただきました。委員会、専門部会の度に更新を行い、ほぼ月一の更新を実現いたしました。また、本年度より新たに福岡県青協blogを開設し、ホームページ運営委員会と県青協委員により管理を行って参ります。blogを開設したのには、blogの持つネットワークの広がりを利用し、一人でも多くの消費者との交流を深めるという目的がございます。そのためにも、掲示板だけでなく、blogによる情報発信を行いたいと思います。
 最後に、県青協としましても、メルマガを発行するなどして、情報伝達の迅速化をより一層進めていきたいと思いますので、皆様も掲示板やメールにて、意見を出していただき、双方向の意見交換による集約を行いたいと思います。それでは、県青協活動の活性化のためにも、このサイトをうまく利用していただきたいと思っております。皆様、今年度も引き続きよろしくお願い致します。




このページのトップへ

皆様からの声をお聞かせ下さい。
E-Mail:info@jayouth-f.net

 

 
Copyright©2001 福岡県農協青年部協議会 AllrightReserved.