Sorry!This Contents is Japanese Only!


(2009バックナンバー)






(気象庁)

   
 


JA福岡県青協
委員長


岡松  寿紀
 

JA 福岡県青協のホームページへようこそ!

 平成21年度、福岡県農協青年部協議会 委員長を務めます JA 直鞍の岡松 寿紀( HN :百笑)です。

昨年度は、2月17〜18日に行われた全青協大会において、JA粕屋青年部が組織活動実績発表において「千石興太郎記念賞」を見事受賞し、日本一の組織活動と言う最高の評価を頂きました。副委員長として県大会→九州大会→全国大会と見てきた中で、粕屋だけでなく県内のレベルの高さを実感しました。

昨年の経験を生かし、伝統ある県青協を常に前を向きモノ言う組織としてさらに飛躍を図りたいと思います。

さて、世の中は米国サブプライムローン問題に端を発した世界規模での金融危機により、国内にも失業者があふれ、消費意欲の落ち込みを加速させました。
そのような中、失業者の受け皿として“農業”が注目されています。私たちにとっては、農家の高齢化や根本的な労働力不足を補うきっかけとして期待をしているところです。

また、輸入野菜の残留農薬や毒入り中国ギョーザ事件など汚染食品の輸入問題、産地偽装問題、汚染米問題等、食品への不信感が高まっている一方で、農産物直売所等を中心とした“地産地消”の活動への理解が高まっているのを感じます。


今、日本は未曾有の経済危機に陥りピンチに立たされていますが、国民が生活の基本である“働くこと”そして“食べること”を見直す機会になっていることは間違いないと思います。そして我々農業青年にとっては、日々の農作業や組織あげての食農教育が認められる大きなチャンスだと思います。

「日本国民の胃袋は我々農業青年が守る」と言う強い信念の元“農業”への理解をさらに深める活動を今年度も展開していきたいと考えます。

 また、このホームページにつきましても3年前に設置した「ホームページ運営委員会」を中心とした定期更新やアピール動画への新たな取り組み、掲示板・ブログによる情報発信が高く評価され、20年度JA全青協「HPコンクール」において都道府県の部で大賞をを頂きました。

今後も我々JA青年部盟友間の情報交換ツールとして、また青年農業者と消費者を繋ぐ架け橋として充実を図っていきます。

皆様におかれましても、一方通行の情報提供でなくメールやブログ・掲示板を通して双方向での意見交換を目指して進化させていきたいと考えていますので、引き続きご協力をお願いいたします。

委員長ブログ「 百笑な日々 ?自給力UP? 」も ご覧ください。

 

Copyright©2001 福岡県農協青年部協議会 Allright Reserved.